境内マップ

 

境内各所

  • 222

    二ノ鳥居

    昭和一二年の遷宮時に建立されました。
    境内北側道路沿い:紀元二千六百年記念祭に合わせて建立されました。

  • 22

    灯籠

    社殿前の両側にある、鋳物の灯籠は、昭和十二年の遷宮時に建立されました。

  • 2

    手水舎

    参拝する前に、手水舎で手を清めて下さい。

  • 2

    荒神社

    須佐之男命(スサノオノミコト)が祀られています。

  • 2

    天満宮 琴平宮

    琴平神社には大物主神(オホモノヌシノカミ)天満宮には菅原道真公(スガハラミチザネコウ)が祀られています。

  • 2

    地主神社(病気平癒の神様)

    松江市白潟本町の森脇邸内にありましたが、町の依頼により当社に合祀されました。
    大床主神(オホトコヌシノカミ)恵比須神社 事代主神(コトシロヌシノカミ)が祀られています。

  • 2

    下倉さん

    稲荷大神様のお遣い(神狐)が祀られているところです。
    明治21年頃から本殿の真後ろの祠にありましたが、現在は本殿下にあることから、下倉さんと呼ばれています。稲荷神社と言うと「キツネ」をイメージされる方も多いと思いますが、狐が祀られているのではなく、狐は稲荷大神のお使いです。神様のお使い、神使(しんし)、眷属(けんぞく)とも呼ばれます。
    また当社ではいつの頃からか「遣ってさん」と呼ばれるようになりました。語源は「遣りて」のようで、商売繁盛のご利益があると、現在でも奉納される方が多くいらっしゃいます。